投資NAVI

円安・円高とは?

円高・円安とは?をわかりやすく解説

円高とは?

円高とは、円の価値が高まることです。例えば1ドル100円の時と1ドル90円の時ではどちらが円高かと言えば後者の方になります。分かりやすく言えば、1$札と交換する時90円で交換できるパターンと100円で交換できるパターンのうち、90円で交換できる場合は1円あたりの価値が高いことを意味しているでしょう。もう少し極端に言えば、1$1円の時と1ドル100円の時では1円玉1枚で1ドル札と替えるならば、1円玉100枚で替えるするよりも価値が高いことがわかるはずです。

円安とは?

相場を見るときに出てくるやつとは、円の価値が安くなっていることです。俺の価値が低くなるとどのような現象が起きるかと言えば、アメリカの商品を購入するときたくさんのお金を支払わなければいけなくなります。例えば海外旅行に行った場合、アメリカでブランド物のバックを購入する場合、円高の方が支払う金額が少なくなるわけです。つまり海外旅行をする場合には不利になるのがこの状態といえます。一方で、円安の状態は輸出をするときには有利になる可能性が高くなるでしょう。

円高と円安はどっちがいいの?

円高のメリット・デメリット

円高になると輸入品が割安となることから購買意欲が刺激されるので、経済が活性化されるといったメリットが生まれてきますし、海外の投資資金の流入も盛んになるため、債権や株価が押し上げられます。円高のデメリットとしては輸出製品が値上がりするので、日本製品の国際的な競争力の低下にも繋がってしまいますし、外貨建ての資産が目減りしたりするので日本のような輸出大国にとっては経済成長を続けてきた分だけ打撃を受けてしまいます。

円安のメリット・デメリット

円安のメリットは何かというと、まず海外で外貨を稼いだ企業が、円が安い為沢山転換する事が出来るという点です。円が安くなればなるほどその額は増えるので、海外で稼いでいる企業は業績もより良くなります。また製品を安い価格で輸出出来る為、海外での競争力を高められるというのもメリットです。 一方円安にはデメリットもあります。まず円と外貨を交換する時に外貨が少なくなってしまう為、海外から商品を買ったりサービスの提供を受ける時に高くなってしまうという点です。輸入品全般の価格が上がるので、食材やエネルギー資源等日々の生活に直結しやすいです。それから円が安い為、海外旅行へ行く時も高くつくというのもデメリットです。

円高・円安の覚え方

円高と円安は、わかりにくい部分もあるためどのようにして覚えたら良いのかと言えば、基本的に1ドルに対して少ない数字が円高と覚えた方が良いです。逆に、大きな数字が出ている場合には円安になっていると考えた方が良いかもしれません。もう少し具体的に見ていくと、130円は安くなっている証拠といえます。逆に96円ぐらいになると、円高になっていると考えて間違いありません。その基準が明確ではありませんが、120円前後が標準とも言われていますが明確な基準が存在しないのが特徴です。

為替差益とは?

これからFXを始めてみたいと考えていても、専門用語が分からないという人は多くいます。 そんなFX初心者という人に、為替差益について説明します。 為替差益とは異なる国の通貨を取引する際に、発生する差額が利益になることを指します。 例えば米ドルと日本円を取引したとして安値で買って高値になった時に売ることで得られる利益、またはその逆で高値で売って安値になってから買い戻す時に得られる利益のことを為替差益と呼びます。

FXの円高・円安の意味を正しく把握する

FXは、外国為替保証金取引のことを指します。 アメリカなら米ドル日本では円といったように国には独自の通貨制度があり、私達は自国の通貨を使用して生活しています。 2国間の通貨を使用して、利益を得るのがFXの目的です。 FXを始める上で、円高と円安の意味を正しく知っておくことはとても重要です。 円高は円の価値が高くなることで、円安とは円の価値が低くなることです。 1ドルが100円で交換出来ていたものが1ドル110円となった場合は、交換するのに10円余計にかかることになり円の価値が下がった為円安となり、1ドルが90円で交換出来た時は円の価値が高くなったということで円高となります。