投資NAVI

レバレッジとは?

レバレッジとは

国内FXの最大レバレッジは25倍

株式投資には信用買いというものがあります。補償金を担保に、投入している資金の数倍の取引をすることが出来るようになってます。これは国内FX取引でも同じことがあるんです。担保保証金の5倍、10倍に25倍のトレードが出来るようになってます。最大レバレッジは25倍であり、自己資金が少なくても多くの利益が見込めるようになるんです。さらに取引するロット数を増やせばさらに利益が見込めるようにもなります。だがその反面リスクも大きいことを心得なければなりません。

レバレッジの計算方法

FX初心者となると、レバレッジをどこで設定するのかと疑問に思う人が多いですが、直接自分で設定をするわけではなく、取引の数量、担保の保証金等により異なります。計算方法は現在の為替レートと取引数量をかけて、これを保証金で割ります。具体例を挙げて10万円の保証金で100万ドルの取引を行った場合に、仮に1ドルが100円とした場合には、レバレッジは10倍と求めることができるのです。国内FXにおける最大レバレッジは25倍です。

レバレッジのメリット

レバレッジのメリットは、実際の金額よりもたくさんのお金を投資することができることです。つまり持ち金の10倍以上のお金を投資したのと同じになります。もちろんリスクもありますが、予想した通りの動きをした場合には大きなお金を得ることができるでしょう。実際にどの程度の倍率になっているかと言えば、日本国内ならば20倍程度が上限になっています。ただ海外になると300倍あるいは400倍といった大きな数字になることも少なくありません。

レバレッジのリスク・デメリット

レバレッジにはメリットだけではなくリスクやデメリットも存在します。レバレッジは取引が成功した場合には大きな利益を獲得することが期待できるものの、反対に失敗すると大きな損失を生み出す可能性が大いに考えられます。具体例を挙げるとレバレッジをかけて10万円の利益を得ても、取引に失敗すると10万円の損失を出す可能性があるということです。闇雲に高くするのではなく、それと同時に損切りや資金の管理等にも気をつけて取引を行わなければなりません。

レバレッジをかけた取引のポイント

ロスカット対策として保証金に余裕を持つ

どんな投資にもリスクが伴いますが、FXでは一定の損失が発生した場合に少しでもダメージを軽減するために反対買いを行い、強制的にポジションが決済されるロスカットというシステムがあります。 レバレッジは相場の読みが上手く行けば大きな収益が望める一方で、見誤ることがあれば損失も大きくなる場合もあり注意が必要です。 そんな時は余裕を持った保証金を用意しておくことでロスカットの発動を防ぐことができ、損失が広がる可能性を低減できます。

高すぎるレバレッジでの取引はリスクが高い

近年、老後2000万円問題が取りざたされてから、投資が非常に話題を集めています。それもそのはず、金融庁がつみたてNISAやIDECOなどで投資を推進しているからです。一般的に積み立てNISAなどでは長期で運用すれば低リスク低リターンを狙えるのですが、それでは物足りないという人向けにレバレッジという手法があります。これは、担保となる保障金に最大25倍の金額で取引をすることができるものです。しかし、それだけリターンが狙えるものの、リスクを伴うのです。

FX初心者に適切なレバレッジ

「レバレッジをかける」や「レバレッジを効かせる」とはどういう意味?

少ない証拠金で大きな額の取引ができれば、と考える場合に役立つのがレバレッジをかけた取引です。レバレッジを効かせて取引をおこなうことで、保証金が少なくてもより多くの金額を扱えるようになります。成功すればそれだけ多くの利益が得られる反面、失敗したときの損失も大きなものとなるのが特徴です。また一定金額になると強制的にポジションが決済される、ロスカットという仕組みがある点にも注意して取引する必要があります。

レバレッジとロット(Lot)の違いは何?

FXトレードの初心者においてればレジとロットについてよくわからないという人もいます。ロットは取引酢量のことを表します。一ドル100円を1Lotと計算します。一方レバレッジは取引保証金4000円を担保に、その何倍かをトレードで運用することが出来るんです。レバレッジは5倍、10倍に25倍があり、初心者は5倍程度におさめてトレードをすることをお勧めします。レバレッジをして取引すると、自己資金が少額で預け入れが少なくても多くの利益を得ることが出来るんです。

FX初心者は低レバレッジから取引を始めよう

FXは少額から取引することができるので、初心者の方でも気軽に始められることができるといった特徴があります。いきなり多くの資金を投入して、高レバレッジをかけて投資すると失敗してしまった場合には多大な損失が発生してしまいます。FXで成果を上げるには相場を読む力やスキルなどが必要になるのです。ローリスクローリターンになりますが、初心者の場合にはFXの取引経験を積むという意味でも低レバレッジで取引をおこなうことが大切なことになります。