MENU
CONTACT

~初心者必見!脂肪を燃やせ!🔥『カフェイン』の呼吸~

皆様おはこんばんにちは!

 

今月から減量していてバレンタインの

チョコが食べられず、よもやよもやの高木優一です!

 

炎柱 煉獄杏寿郎はほんといつ見てもかっこいいですねぇ・・・🔥

あいかわらず鬼滅の刃にどっぷりつかっております!

 

『なかなか体脂肪が減らない。』

 

 

トレーニングをしていてこんな壁に

ぶち当たったことはありませんか?

そんなあなたにオススメしたい!

今回はカフェインの魅力について下北沢店ブログを書かせて頂きます!!

それでは参りましょう!(  ⭐️ ▽  ⭐️  )

 

カフェインとは?

カフェインはアルカロイドと呼ばれる化合物の仲間になります。

 

じゃがいもの発芽部分には有毒成分があるという事を聞いたことはありませんか?

主に「α-ソラニン α-チャコニン」という物が該当し、

(光に当て続けて放置すると緑色になってしまいますよね・・・。)

多くの生物に有毒と呼ばれる物にあたります。

 

え、じゃあ体に悪いんじゃ??

 

と思いがちになりますが、量と摂取する時間だけに気をつければダイエットにも有効です!!

 

 

一般的な知識として

珈琲や緑茶などに含まれるカフェインは

眠気覚ましや利尿作用などが広く知られていますが。他にも自律神経の働きを高めたり集中力を高めたりします。

 

また、英国のノッティンガム大学の研究結果によると

コーヒーの摂取が体重減少や エネルギー消費の増加に大きく貢献するという報告があります。

 

つまり、運動前と運動中に飲むことにより脂肪燃焼に非常に役立つものとされています!!!

これには開いた口が塞がりません!!

 

さらに高血圧・高血糖・高血中脂質を予防するという報告もあります。

普段からコーヒーを取り入れつつ、自分の生活習慣を見直せば、体調を崩す心配も少なくなりそうですね!

 

 

 

さらに・・・!

コーヒーはもともと薬として使われていたといわれています。その覚醒作用は古来から注目されていて

長きに渡り利用され続けていたそうです。カフェインは摂取後、約30分で脳へと到達します。

個人差はありますがおよそ通常3〜4時間以内に排出されます。

なのでトレーニング前にプレワークアウトドリンクとして飲むのもありですし

トレーニング中のドリンクとして飲むのもオススメです!

サプリメントでもカフェイン単体で取れるものもあるので気になるようでしたら

ぜひぜひスタッフに聞いてみてください!

 

飲料100ml当りに含まれるカフェイン量の目安
飲料 カフェイン量
(100ml当り)
備考
レギュラーコーヒー 約 60mg コーヒー豆の粉末10gを熱湯150mlで浸出
玉露 約 160mg 茶葉10gに60℃の湯60mlを加え2.5分浸出

 

注意点

非常に優秀なカフェインですが、摂取しすぎると、頭痛、心拍数の増加、不安、不眠、嘔吐(おうと)、下痢などを引き起こします。

 

一般的には成人で一日成人では1日400mg未満に抑え、1回の摂取量が200mgを超えないように気をつけてください。

 

通常のコーヒーであれば、1日のカフェインの摂取量は4~5杯までが適当な量だとされています。

 

妊婦の方は、流産のリスクが高まったり、胎児の発育が阻害されたりする可能性があります。

マタニティトレーニングをされている方は

コーヒーは1日3杯までにしてください。 2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎたことで、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があります。200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

 

 

 

接種するタイミングを間違えてしまうと睡眠の質にも大きく影響しますので適切な時間と量を心がけてください。

 

〜まとめ〜

身近に取り入れることができるカフェインですが、使い方を間違えてしまうと、

せっかく手に入れた健康を阻害してしまいます。

 

Drトレーニング下北沢店ではパーソナルトレーニングを受けながら

食事の指導もおこなっているので、サプリメントだけでなく、食事の管理もお手伝いさせていただきますので

お気軽にお声かけください!!!

 

最後までよんでいただきありがとうございました!!

 

また次回お楽しみに〜〜 👍

■Dr.トレーニング下北沢店

下北沢の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング下北沢店〉

03-6407-1251

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-35-2 第3シンヤシキビル 203
>下北沢のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>下北沢のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP