MENU
CONTACT

人体の不思議9

皆様おはようございます!こんにちは!こんばんは!

Dr.トレーニング下北沢店スタッフの備瀬魁斗です!

新型コロナはまだまだ落ち着かないですね💦

新型コロナ関連で、東京ではGO TO トラベルの新規予約が本日11/27~12/28までの間、停止になってしまいましたね😭

まだ、どこにも旅行に行っていない人でこれから旅行に行こうと思っていた人にとっては残念な出来事ですね。事前に予約していた人で12/3までに旅行をキャンセルする方は国がキャンセル料金を支払ってくれるみたいですね。もし、キャンセルする場合には早めに連絡をした方が良いかもしれないですね。

↑↑↑最新情報と異なることがあるかもしれないので東京都公式ホームページをご覧ください🙇‍♂️

東京ではだいぶ、寒さを感じられる時期になってきましたね。

去年も東京にいたはずなんですが、どうやって冬をやり過ごしたのか全然覚えていませんwwwwwww

調べてみたら、去年は暖冬だったみたいですね。僕の中では「えっ!?あの寒さで!?」って感じなんですけど、皆さんは暖かいと感じましたか?

 

それでは、ここから本題に入っていきますね!

今回も呼吸関連の内容です。

 

最後まで読んでください🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

 

血液による空気の運搬

酸素と二酸化炭素は血液に溶け込んではいるが、単に溶け込んだだけの形で運搬される量はごく少量で、総運搬量からみて酸素でおよそ1.5%、二酸化炭素でおよそ5%にすぎないのである。

実際、酸素の場合、残りの98.5%はヘモグロビンと科学的に結合して、各組織に運搬されている。血液に含まれるヘモグロビンが常に酸素と結合していると、血液100mlあたり約20mlの酸素を運搬することができる。

身体の中の酸素の圧力(酸素分圧)と心臓から全身に運搬される血液の中にあるヘモグロビンの何%が酸素と結合しているか(酸素飽和度)の関係を示す曲線を酸素解離曲線と言う。下記のグラフは酸素解離曲線である。

身体の中の二酸化炭素の圧力(二酸化炭素分圧)が増加したり、pHが低下(酸化)したりすると、酸素解離曲線は右方向にシ移動する。この変化は身体の中の酸素の圧力(酸素分圧)が同じ条件下でも、組織に対してより多くの酸素が供給されるように作用します。

推測になりますが、身体の中の酸素の圧力(酸素分圧)が同じでも場所によって二酸化炭素の圧力(二酸化炭素分圧)が高いと言うのは他の組織よりも多くの二酸化炭素がその組織を充満していると言うことになるのでその二酸化炭素を排出するために酸素の供給される量が増えるのだと思われます。

ちなみにpHだと水素の量が増えるに連れてpHが低下(酸化)しやすくなるので酸素と水素を結合させて水(H2O)にしてpHの数値を整えるために酸素の供給される量が増えるのだと思われます。

 

 

人間の身体ってとても面白いですね!

皆様、もし機会があるのでしたら自分の身体と向き合ってみてください!

 

現状の身体に満足していないのであれば、食事や運動を良い方に変えて習慣化できると良いですね!

■Dr.トレーニング下北沢店

下北沢の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング下北沢店〉

03-6407-1251

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-35-2 第3シンヤシキビル 203
>下北沢のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>下北沢のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP