MENU
CONTACT

人体の不思議10

皆様おはようございます!こんにちは!こんばんは!

Dr.トレーニング下北沢店スタッフの備瀬魁斗です!

 

本日はスポルテック2020の最終日でしたね。

スポルテックってなんですか?って話ですよね。

スポルテックとはスポーツ設備・機器、フフィットネス機器、スポーツ用品、健康器具、介護機器、サプリメント・健康食品、スポーツツーリズムなどが日本中から出展する。スポーツ・健康産業で日本最大の展示会のことです。

このスポルテックに僕は1日目にちょうど休みがかぶっていたので行ってきました!行ったのは良いものの到着した時間が1時間前で全部を回ろうとすると1時間じゃ全然、足りないですね。

スポルテックではプロテインの試飲やサプリなどのサンプルを沢山もらうことができます。

プロテインの試飲だけで1日に必要なタンパク質の摂取量を取れるかもしれないですね。www

フィットネス業界の筋トレのyoutubeなどを上げている有名人などにも会うことができます。

場所によってはボクササイズなどのエクササイズやを体験やトレーニング器具などを利用することができるので、まず運動を始めようと思っている人や健康になりたいと思っている人にとっては参加した方がいいイベントだと思います。

↑↑↑ちなみにこの写真は去年のスポルテックに行った時の写真です。

なんと言っても楽しいので是非参加してみてください。ただ、毎日やっているわけではないのでその日程に合わせないといけないです。

 

それでは、ここから本題に入っていきますね!

今回も呼吸関連の内容です。

 

最後まで読んでください🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

 

呼吸商

呼吸商とは一定時間に摂取した酸素に対して排出した二酸化炭素の量の比(CO2/O2)のことです。

この値は、活動に用いられている糖質と脂質の比率によって変化します。

呼吸商の比率

糖質をエネルギーとして使う場合には摂取した酸素が100に対して排出する二酸化炭素の量が100なので呼吸商は1.0となります。

脂質をエネルギーとして使う場合には摂取した酸素が100に対して排出する二酸化炭素の量が70になるので呼吸商は0.7となります。

この比率を見る上で注意して欲しいのは、僕たちの体が脂質または糖質のどちらか一方だけのエネルギーを使うことはありません。ただ、ここだけは忘れないでください。

呼吸商は基本的に0.7と1.0の間の数値となり、数値が0.7に近いほど脂質が多く、数値が1.0に近いほど糖質が多くエネルギーとして使っているということになります。

糖質と脂質のどちらのエネルギーを多く使う?

強度が高い運動を行うと呼吸商は1.0に近づきます。

例)筋トレ、短距離走etc…(無酸素運動)

低強度・長時間運動を行うと呼吸商は0.7に近づきます。

例)マラソン、水泳etc…(有酸素運動)

これは高強度運動では糖質がメインのエネルギー源となり、低強度・長時間運動では糖質に変わって脂質がメインのエネルギー源として用いられることを示しています。

 

この情報だけでもいつも、唐揚げや天ぷらなどの油物をよく食べるという人には低強度・長時間で行う有酸素運動をやっていれば、痩せられると思いがちですが、長期的に自分の理想の体をキープしたいのであれば、トレーニングを行いましょう!

有酸素運動だけでは筋肉も一緒に落ちやすいので、トレーニングを一緒に行って筋肉量を維持または増やして、代謝を上げて痩せやすい体にしていきましょう!

 

コロナで外に出るのが怖い人へ

当社ではただいまご自宅でもできるオンラインパーソナルを展開しております!

 

 

なんと!オンラインに対応しているスタッフは下北沢を代表して二人!!

店長  平沼リコ❤️(RIKO)

エース&熱男 高木優一🌟(YUICHI)

 

 

ご自宅で簡単にプロの指導を受けながらあなたのお体を徹底的にサポートいたします!

 

詳しくは下のリンクをチェック!!

https://drtraining-online.jp/

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

人間の身体ってとても面白いですね!

皆様、もし機会があるのでしたら自分の身体と向き合ってみてください!

 

現状の身体に満足していないのであれば、食事や運動を良い方に変えて習慣化できると良いですね!

■Dr.トレーニング下北沢店

下北沢の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング下北沢店〉

03-6407-1251

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-35-2 第3シンヤシキビル 203
>下北沢のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>下北沢のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP